肝臓の数値を押さえる必殺技|長生きするコツ

女性

口臭予防とサプリメント

メンズ

乳酸菌の知られざる効能に「口臭予防」があります。乳酸菌が口内で悪臭の原因となるジンジバリス菌の増殖を防ぐのです。またその効果を高めるためには、納豆菌と一緒に摂るのが良いようです。食品から摂取するのが難しい場合は、サプリなどを利用すると良いでしょう。

詳しくはこちら

眼の健康維持

目の疲れ

眼精疲労は、生活習慣の他にも病気の影響が考えられます。貧血や低血圧、消耗性の内科疾患などは特に眼の症状と関係が深い病気です。眼精疲労は回復まで時間がかかりますので、予防するのが得策となります。障害を避けるためのメガネとサプリメントの併用が、効果的です。

詳しくはこちら

肝機能を保つための検査

男性女性

検査結果の見方を知ること

肝臓というのは人間の臓器の中でも一番大きくて、栄養を溜め込んだりタンパクを合成したり、有害物質を分解したりします。とても重要な臓器ですが、酷使しすぎると肝硬変になり機能が低下します。肝臓の特徴は病気になって機能が低下すると、元通りに回復できないという点です。ですから余計に気をつける必要があります。特に注意が必要なのはアルコールの摂取量が多い人です。そのような人は定期的に検査をして、肝臓の状態を把握しておくことです。検査をすれば肝臓の数値がわかります。数値の読み方を知っていれば、肝臓の病気の早期発見につながります。検査をするとALTとASTという項目があり、それらの数値を見ることが大事です。異常がある場合はこれらの数値が上がります。

休肝日と食生活が大事

検査結果の見方ですが、ALTとASTの正常値を知っておく必要があります。ALTとASTともに40IU/L単位以下なら正常値です。これ以上高いと肝臓に異常があることになります。数値が100以下の場合は慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝の疑いがあります。100以上の場合はウィルス性肝炎の可能性が高くなります。このように数値の読み方を知っておけば、定期的に検査をした時に自分の肝臓の状態を知ることができるのです。肝臓の病気を防ぐためにはお酒の量を減らすことと、バランスの取れた食生活をすることが大事です。お酒が好きな人は週に1回の休肝日を設けることが必要と言われますが、それによって肝臓を休ませることができるからです。また規則正しい生活習慣も肝臓を守るためには必要です。

自然のもので風邪を予防

はちみつ

プロポリスの原液は蜜蜂が巣に塗る物質から出来ています。抗ウイルス作用や抗炎症作用、抗ストレス作用を持っています。加工されていない原液はとても希少価値があります。やや癖が強いので薄めて利用します。人気の理由は感染症に対する予防になることです。

詳しくはこちら